サイド面

品種辞典

カベルネ・ソーヴィニョン<Cabernet Sauvignon>
 赤ワイン用品種。

小粒で、世界で最もよく知られた最高級赤品種。
このワインはなんといっても色素、タンニン、酸、そして香味成分の豊かさにある。深みのある赤色を呈し、カシス、チョコレート、ヒマラヤスギ、ときにはピーマンを思わせる香りがあり、力強い味わいを持つ。



カベルネ・フラン<Cabernet Franc>
 赤ワイン用品種。

カベルネ・ソーヴィニョンと同系の品種で、熟期はソーヴィニョンに比べてやや早い。ワインの性格はややソフトで、青葉、鉛筆の削りかすと表現される独特の香りを持っている。他の品種とブレンドされることが多い。



シャルドネ<Chardonnay>

 白ワイン用品種。

比較的栽培の適応性が広いことと、とくに強い個性のある風味を持たないことから、辛口の最高級白ワイン用品種として最も人気が高く、世界中で栽培されている。ブドウのもつ果実味に加え、樽発酵、マロラティック発酵、バトナージュ、樽熟成の組み合わせにより、黄金色をした、ヘーゼルナッツ、パイナップル、はちみつのような香りを持った、ボディのある魅力的な風味が生まれる。


シラー<Syrah>
 黒ブドウ品種。
 

充分な日照量と温暖な気候とで完熟することができる。ワインは、濃い赤紫色で、黒胡椒などを思わす特有の香りをもち、アルコール分も高く、タンニンもあり、濃厚な味わいを持つ長期熟成型のワインである。オーストラリアではシラーズ(Shiraz)と呼ばれている。


ソーヴィニョン・ブラン<Sauvignon Blanc>

 白ワイン用品種。

青草、柑橘類、ハーブを思わせる独特の香りを持ち、さわやかな酸味と個性的な味わいのワインで世界的に人気がある。気候が暖かすぎると、特有のアロマとキレのよい酸味を失いやすい。オーストラリアではフュメ・ブランとも呼ばれている。



デラウェア<Delaware>
 白ワイン用品種。
 

小型の密着した房で、小粒で、果皮が濃いピンク色をしたアメリカの交雑種。日本では「種なしブドウ」が生食用としてなじみ深い。



ピノ・グリ<Pinot Gris>
 白ワイン用品種。

灰色がかった青色から茶色をおびたピンク色をしている。ワインは柔らかで、穏やかな香りを持ち、深い味わいである。


ピノ・ノワール<Pinot Noir>
 赤ワイン用品種。

ボルドーのカベルネ・ソーヴィニョンと双璧をなす品種である。
比較的早生品種で、房が小さく、小粒で、黒紫色。タンニンはカベルネ種より控えめであるが、繊細で、かつボディ-のある魅力的なワインとなる。



メルロ<Merlot>
 赤ワイン用品種

カベルネ・ソーヴィニョンよりやや大粒で、早熟で、育てやすい。
ワインは色が濃く、口当たりがソフトで果実味があり、ふくよかさがあるため、世界で最も人気上昇中の品種である。カベルネ種などにブレンドされ、飲みやすく、そして複雑で、バランスの取れた風味を出すために重要な役割を果たしている。

 

※ 『ワインの事典』・・・柴田書店 を参考にさせていただきました。

ご利用案内

お買い物全般、お支払い方法、送料についてはコチラ

お取り扱い銘柄




MGC

メディアでの紹介

メルマガ会員限定の特典、最新情報をお届けいたします!

ぜひメルマガ登録をしてみてください♪

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

EVENT

ページトップへ