ヨットレースに旅、そしてワイン……
男のロマンを追い求めたオートリー家代々の情熱

高級リゾートであるハミルトン島やヨットハーバーを所有し、大富豪として知られるロバート(ボブ)・オートリーはその情熱をワインにも傾けました。ロバート・オートリー・ヴィンヤーズはオートリー一族のワインへの情熱を世代を超えて継承しています。当ワインは創始者であるロバート・オートリーや息子サンディのまさに「血」であり、3世代40年にわたってブドウ栽培、ワイン醸造においてオーストラリアのワイン業界のトップに君臨し続けています。

オートリー家代々に継承されるワインへの情熱

ロバート・オートリーのブドウ畑とワインメイキング

オーストラリア国内の素晴らしいブドウが栽培される地域から最高級のものだけを調達。できるだけ手を加えずに自然でブドウの味を活かしたワインを醸造しています。マジ―にあるオートリー家の技術と、ワインの醸造責任者であるラリー・ケルビーノ、そしてマーガレット・リヴァ―、マクラーレン・ヴェイル、ヤラ・ヴァレーにいるブドウ栽培の専門家により最高級のワインの醸造を作り出しています。

著名なワイン評論家ジェームズ・ハリデーは「ロバート・オートリー・ヴィンヤーズはオーストラリア各地の最高のブドウの特徴を見事に表現した素晴らしいワインを造り続けることのできるワイナリーである」とコメントしています。

ロバート・オートリーのワインメイキングについて
当主サンディ・オートリーと醸造責任者ラリー・ケルビーノが語る